いちぶろ

やる気のない婚活日記

【5日目】新宿小滝橋通り ラーメン二郎【30日間ラーメンダイエット】

 

いっちゃん🍜さん(@oichixyz)がシェアした投稿 -

今やラーメンは日本人の国民食として多く親しまれています。

「ラーメン嫌い」という人も中にはいるし、頻度も人それぞれではありますが多くの人が日常的にラーメンを食しています。

 

新宿という土地に職場があるので、「ランチ、啜っとく?」なんてノリになりやすいのですが、Web屋はラーメン好きが多く(私調べ)最近は職場のメンバーでランチで啜りに行くことが多いです。

 

7/27はプレミアムフライデー。 

プレミアムなフライデーに職場のみんなで向かったランチはラーメン二郎小滝橋通り店。6人で行ったのですが、2-4で割とすんなり座れました。

 

なんでも、2017年頃から劇的にウマくなったらしいとネット上で騒がれている小滝橋二郎。ウマくなかったという2017年以前に啜ったことは無いのですが、「ウマくなったらしいですぜ」とジロリアンやラーメンフリークの上司sにネットニュースの見出しを見せて、後の感想を楽しみにしていたのですが、やっぱりウマくなったとのことです。

 

女性デザイナーの先輩と私は奥のテーブルに先に通してもらいました。先輩は二郎童貞

 

先輩には「二郎は天地返しという奥義がありまして」「カタマリというと脂身の塊が出てきます」などとレクチャー。

 

先輩「ラーメン屋ってあまり行くことなかったけど今月、いっちゃんが異動してきてからなんだかやたら行くようになってしまっている。詳しくなってしまう。」

 

そんなことを溢していました。(悪いとは思っていない)

 

先輩、私と同じコールしてほぼ同時に完食して涼しい顔して店を出るほどにタフで、後先輩、伸びしろありすぎでしょwwwと密かに期待しております。

 

もう一人の二郎童貞は私と同い年ボーイ。悪い上司(ジロリアン)に騙されて豚ダブルでオーダーしてしまい、会社戻ってからもしばらく具合悪そうにしていました。

 

このブログに感想文寄稿してほしいとお願いしていたので、そのうち届くかもしれません。(気長に待っておく)

 

ちなみに今回は小ラーメン、ニンニクアブラのコールで。濃い目の非乳化スープに浮かぶ透き通った油は、ギトつかずにさらっとしており、ストレートの小麦麺によく合うテイスト。

麺にはシルクのような滑らかささえ感じて、食べやすく上品さを感じるため「あれ?二郎だっけ?」と疑問が出てきたりもするけれど、滑らかな2塊のブタ(チャーシュー)は、シンプルに高めの戦闘力を持っていて「あぁ二郎だった」と呼び戻される。そんな一杯。

 

嗚呼素晴らしきプレミアムフライデー

そしてプレミアムなフライデーは会社で酒を飲む(自由奔放)

ダイエットということは忘れていませんからね。(説得力皆無)